賃貸契約で必要な初期費用|初期費用を抑えて借りることができる賃貸の注意点

初期費用を抑えて借りることができる賃貸の注意点

集合住宅

賃貸契約で必要な初期費用

建築

入居前に要確認

賃貸契約の際には、まとまった資金を準備しておく必要があります。毎月の家賃の支払いを始める前には、敷金や礼金、仲介手数料が必要になるケースが大半だからです。しかし、中には礼金0など嬉しい物件も多くあります。礼金は、入居する物件を所有している大家さんへのお礼のお金でもあります。これから宜しくお願いしますという気持ではあるものの、自分の気持ちを金額で選ぶことができません。あらかじめ指定されているものですが、礼金0にしてもらえるかどうか仲介業者に相談してもらうことは可能です。注意したいこととしては、大家さんへの礼金0としても、仲介業者へのお礼として仲介手数料がかかるケースもあるということです。敷金と礼金だけに気を取られがちですが、仲介手数料についても調べてから契約をするようにしましょう。

礼金がなければ助かる

賃貸物件を契約する際には敷金が必要ということもあるのですが、敷金は大家さんへ預けておくお金でもあるので、何もなければ自分に戻ってくるものでもあります。家賃を滞納することなくきちんと決められた日に毎月支払いを行い、借りていた物件の壁や柱、設備などを必要以上に傷つけたり汚すことがなければ退去後に戻ってくるのですが、礼金の場合にはお礼となるので戻ってくることは絶対にありません。敷金0であっても何かトラブルがあればその分の費用が実費で請求されてしまうので、後から急に高額な資金が必要になって困ってしまうこともありますが、礼金0であれば損をすることもありません。それだけに、礼金0物件は非常に人気があります。